#コンパス

†漆黒の堕天使†「言霊の力を信じろ 。」

「言霊なんてのは迷信だ。」まぁそう思うのも無理はないだろう。だが言葉の力は偉大である。ある人は甘言に誘われるがまま堕落していき、ある人は苦言に渋い顔をする。それは言葉に振り回されていることに他ならない。

人には五感と呼ばれる感覚機能が存在する。視覚、味覚、触覚、嗅覚、そして聴覚だ。この中でも殊更「聴覚」というのは情報量の多いファクターであり、及ぼす影響も等しく多い。言い換えるならば、言葉が及ぼす影響が大きいということである。

さて、話は変わってこの記事のタイトルの意味について説明をしたいと思う。僕は以前より「#コンパス 戦闘摂理解析システム(以下コンパス)」というソーシャルゲームにハマっている。どこにでもあるようなソシャゲで、どこのソシャゲにでもあるようにニックネーム機能がついている。基本的には「オタクのじょん」という名前でプレイしているのだが、今は「†漆黒の堕天使†」という名前でプレイしている。特に意味なんてものはなく、いわゆる厨二病のテンプレート的名前と自分の中で位置付けしているためこの名前を使っている。自分でも存外に気に入っているようで、5年前ほどからあらゆるSNSやゲームで名乗っている。

この名前と言霊とがどういった繋がりをしているのか、それについてお話ししたいと思っている。

 

6月7日

コンパスでシーズンと呼ばれるイベントが始まった。このイベントは特定のランク以上(とは言ってもハードルは低く、超初心者以外はすべてが参加する)の全ユーザーでランキングを競い合うものだ。前述したブラックチップと呼ばれる宝箱のようなものはこのシーズン中、序盤の4日間ほどのみ出現する。それと言い忘れていたがこのゲームのニックネーム変更には制限があり、1週間に1度しか変更できない。前回に「イキリオタク」という名前をつけてから1週間以上が経っていたので思いつきで「†漆黒の堕天使†」に改名した。ブラックチップの出現率は非常に低いのだが、運良く2戦目で獲得することができた。その後も適当にバトルを繰り返し、この日は合計3枚ゲットした。前回の0枚とは大違いだ。

 

6月8日

この日も適当に試合に潜っていた。仕事もあるので馬鹿みたいにやり続ける暇もないのだが、この日も2枚獲得することが叶った。

 

6月9日〜10日

なんとなくやる気が出ず、ほとんどコンパスをすることもなく、ブラックチップも0枚。

 

6月11日

ブラックチップ排出最終日。正直、これまでコンパスに費やした時間や金額による義務感のような、サンクコストの考慮とは何だと自責したくなるような、そんな気持ちでやっているゲーム。故に乗り気でない時はアプリを起動しないようにしているコンパス。しかしサンクコストの呪縛から逃れるにはまだ子供であるために意気込んでコンパスに臨む。結果としてブラックチップを3枚獲得。結果オーライということで手打ちにした。

 


 

さて、以上が今シーズンのブラックチップ期間についての日記です。

ブラックチップという名称からも話のオチが見えていますが、その期待は裏切りません(裏切らなければオチではないか?)。

名前を「†漆黒の堕天使†」にしたことにより「ブラック」チップを多くゲットできた。

コンパスユーザーには分かると思うが、この7枚という数字は驚異的である。

そこでユーザー各位には来シーズン以降、ブラックチップ期間には†漆黒の堕天使†と名乗ることをオススメしたい。

ただそれだけの、それだけの記事でした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で